So-net無料ブログ作成
検索選択
pm25世界汚染マップ ブログトップ

pm25世界汚染マップ [pm25世界汚染マップ]

pm25世界汚染マップ

今、中国の大気がヤバイ事になってます。
PM2.5という微粒子が蔓延してて日本にも流されてきてます。

↓↓中国は今こんなです↓↓
http://www.news-us.jp/article/313964533.html


中国をはじめ、世界各都市の大気汚染の状況がわかるサイトはいくつかあります。
あまり深刻に捉えないほうがいいかもしれませんね。
やはり、今は中国のあたりが厳しいです。

>SPRINTARS 大気汚染微粒子および黄砂の飛来予測

>世界汚染マップ

>アジアの大気汚染:リアルタイム気質指数ビジュアルマップ
http://www.aqicn.info/?map&lang=jp


今問題のPM2.5は硫酸塩エアロゾルとも言われ、工場のばい煙や自動車の排気ガスが
発生源とされています。

産業発展の副産物とも言えるでしょう。
日本でも現在厳しい排ガス規制が施工されているのも無関係とはいえませんね。

PM2.5は喘息や気管支炎の原因になるといわれていますが、
日本は今のところまだ急ぐほどの濃度ではないそうです。

ちなみに、SPM(浮遊粒子状物質)の環境基準は
1時間値の1日平均値が0.10mg/m3以下、1時間値が0.20mg/m3以下だそうです。

中国現地のニュースで空気清浄機のフィルターが短期間で真っ黒になった映像は
かなりの衝撃でした。

防ぐには個人でマスクを用意するしか無いのでしょうね。
またマスクが・・・

ちなみに、PM2.5は粒径2.5μm以下です。花粉よりかなり小さいですよ。
防ぐには「N95規格」以上のマスクが良いそうです。


【マスクの性能】

・N95/R95/P95:0.1~0.3μmの微粒子を95%以上除去できる性能
・N99/R99/P99:0.1~0.3μmの微粒子を99%以上除去できる性能
・N100/R100/P100:0.1~0.3μmの微粒子を99.97%以上除去できる性能

BFE(細菌ろ過効率)...細菌を含む粒子(約3マイクロメートル)が除去された割合(%)
PFE(微粒子ろ過効率)...試験粒子(0.1マイクロメートル)が除去された割合(%)


普通の四角いタイプはどうしても隙間が出来てしまうため性能を発揮出来ない事があるようですね。
大きめの顔にピッタリフィットする物が良いそうです。

>N95規格マスク一覧【楽天】

>N95規格マスク一覧(子供用)【楽天】



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
pm25世界汚染マップ ブログトップ
流行