So-net無料ブログ作成
プラチナデータ 映画 あらすじ ブログトップ

プラチナデータ 映画 あらすじ [プラチナデータ 映画 あらすじ]

プラチナデータ 映画 あらすじ

全ての事件は、DNAが解決する。

2017年・・・

犯罪防止のため国民のDNA情報の管理が可能となるDNA法案が国会で可決。
警察庁はDNA捜査システムを導入した。

プラチナ...

プラチナ...
価格:760円(税込、送料別)



神楽龍平はこのDNA捜査システムを操り、現場の刑事を驚愕させるほどの正確さを持って次々と犯人を特定していった。

「警察庁特殊解析研究所主任」それが彼の肩書きだった。

検挙率が飛躍的に上がる中、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生。
警視庁捜査一課の浅間は、神楽に遺留品のDNA解析を依頼する。

事件は、いつものように簡単に解決されるはずだった。

だが・・・

DNA解析の結果は『Not Found』。
犯人は、この世に存在しないこととなり、事件は未解決となった。

やがてこの未解決事件は『NF13』と呼ばれ、神楽を翻弄することになる。

同じ頃、新たな殺人事件が発生。
殺されたのは、DNA捜査システムを発明した天才数学者・蓼科早樹。・・・

そしてその兄・蓼科耕作だった。
神楽はこの二人と友人だった。

「『NF13』について話がある。」

そう神楽に言い残し、伝えることのないまま命を失った二人。

彼らは、なぜ殺されたのか?
神楽に何を伝えたかったのか?

悲しみの中、現場に残された毛髪を解析した神楽は、
特定された犯人データに驚愕する。

・・・『RYUHEI KAGURA 適合率99.99%』

「!!!・・・そんな・・・」

追う者から追われる者へ、運命の歯車が回り始める。

やがて神楽が掴んだ『プラチナデータ』という真の意味。
そして、そこに隠された陰謀とは。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
プラチナデータ 映画 あらすじ ブログトップ
流行