So-net無料ブログ作成
プライスレス ドラマ 感想 3話 ブログトップ

プライスレス ドラマ 感想 3話 [プライスレス ドラマ 感想 3話]

プライスレス ドラマ 感想 3話

ドラマ、プライスレス 第3話の感想です。

今回の舞台は店主、佐倉辰彦(木村祐一さん)が経営する中華料理店『青春軒』。
昔はそこそこ繁盛していたけれど、今は閑古鳥の鳴く状態。

縁あって金田一二三男(木村拓哉さん)はそこでバイトすることになるわけですが、

”なるほど、最後にこの店を客でいっぱいにする展開かな?”

と予想してみたんですが、違いましたね。

金田一も彩矢(香里奈さん)も精一杯頑張ったんですけどね、
結果はあまりに現実的でした。

佐倉店主曰く、

「最初は希望に燃えていた!店もそれなりに繁盛した。けれど体を壊した・・・」
「帰ってきたら、ライバル店が出来ていて、勝てなかった・・・嫌になった」

彩矢はコスプレまでしてがんばったんですけどねぇ。
でも、香里奈さんのコスプレ姿、なかなか良かったと思います。
ちなみに来週は”キャバクラ嬢”ですよ。(〃▽〃) キャ

佐倉も店を閉める最期の日に本気で準備してお客が来るのを待っていましたが
最終的に来てくれたのは模合謙吾(中井貴一さん)だけでした。

あれだけ努力したのに思うように報われなかった事で
金田一は何を思ったでしょうね。

それでも腐らないのが金田一のいいところでしょう。
その目は必ず前を向いています。

さて、模合謙吾ですが今回は心が揺れ動く様子を描いていました。
出世と引換に会社側についたわけですが、非常に心地悪そうでした。

どこかで、反旗を翻すはずなんですが・・・来々週くらいでしょうか?

そして、ミラクル魔法瓶社長大屋敷統一郎(藤木直人さん)は取引先をひとつ
切り捨てました。

経営悪化が理由でしたが、大屋敷社長は「我が身を守るため」と言っていました。
模合統括本部長は納得していませんでしたよ。

この取引を切られた会社が今後の展開の一つの鍵になりそうな気がします。
来週は榎本小太郎(藤ヶ谷太輔さん)に災難が降りかかりそうな予感です。

◎現在の金田一二三男の人脈

凄腕の経理(凄すぎ・・・この腕だったら課長級でもいいんじゃない?)
凄腕の中華料理人(田舎に引っ込むとか言ってたけどどうかな?)
凄腕の子供(第1話から出てるので相当重要な存在かと)
凄腕の大家さん(伊達に年はとってない。要所でしっかり引っ張ってくれそう)

模合謙吾(凄腕の・・・なんだろう?管理職?まだ実力は不明です)
榎本小太郎(メンバー確定なんでしょうが、役どころがいまいち読めない)

”こじはる”は来週も出てくれるのかな?

それではまた来週。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
プライスレス ドラマ 感想 3話 ブログトップ
流行