So-net無料ブログ作成

雲の階段 結末 明子 [雲の階段 結末 明子]

雲の階段 結末 明子

現在放送中のドラマ「雲の階段」、その結末で相川三郎を支え続ける鈴木明子は
いったいどうなってしまうのでしょうか。

ここではその鈴木明子を混ぜて原作の雲の階段の結末を簡単に紹介しています。
ちょっと強引ですが役名に俳優名を付けてわかりやすくしてみました。
ドラマもこうなるかどうかはわかりませんが、よろしければどうぞ。



《雲の階段・結末》

医師と患者の関係を超えて愛しあうようになる相川三郎(長谷川博己)と田坂亜希子(木村文乃)
しかし相川(長谷川)の側にはもう一人、そっと寄り添う鈴木明子(稲森いずみ)の影があった。

どちらの愛が本物なのか・・・
答のわからぬまま3人は沼の淵に飲み込まれてゆく。

そして相川(長谷川)は亜希子(木村文乃)と亜希子の父・田坂雄一郎(内藤剛志)の熱意に押され
亜希子(木村文乃)と結婚、田坂総合病院の後継者となり島を離れ東京に移ることになる。

結果、鈴木明子(稲森いずみ)は捨てられ島に置き去りにされてしまう。
諦めきれない反動から恨みつらみを手紙にしたため相川(長谷川)に送りつける明子。
いくら手紙を書いても相川(長谷川)に相手にされない明子だった。

そして相川(長谷川)の結婚を知った明子はショックのあまり自殺を図ってしまう。
かろうじて命は取り留めたものの、彼女の人生は大きく変わってしまった。。

その後、愛の所在が不確かなまま亜希子(木村文乃)は妊娠するが
その身に不幸がふりかかり、二人の赤ちゃんはこの世に生を受けること無く消えてしまう。

そして偽りの愛は更なる崩壊をもたらす。

自分が偽医者である事が亜希子(木村文乃)や田坂雄一郎(内藤剛志)、
世間にもバレてしまいそうな事態が発生する。

失意の中で悩んだ末、相川(長谷川)が選んだ道は全てを捨てることだった。

明子(稲森いずみ)に連絡をとり、よりを戻そうとするするが相手にしてもらえず
相川(長谷川)はとうとう一人になってしまう。

そして・・・

ある日、相川(長谷川)は亜希子(木村文乃)に嘘をつき家を出る。
真実をしたためた、亜希子(木村文乃)宛ての手紙を途中で投函する相川(長谷川)。
その足が向かった先は・・・

偽り続けた半生は意外な形で精算されようとしていた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

流行